気になる太陽光発電、売電価格について

先ほども挙げましたが、現在は、再生エネルギーの固定価格買取制度がスタートしています。
これにより、平成24年度の売電価格は、1kWh当たり42円で固定されています。
この価格は10年間固定されているので、初期費用回収までのプランも立てやすくなっています。
「売電価格が下がってしまったので、最初に想定した期間での初期費用回収が不可能だった」というリスクも軽減できます。
この42円という価格は、従来の2倍程度の価格設定となっており、「お得感」が強く打ち出されました。
これをきっかけに一般家庭への太陽光発電システムの導入も、より進んできました。
一方で注意が必要なのは、売電価格は毎年改定される可能性がある、ということです。
「受給契約申込」をした時点での価格で「固定」となるので、なるべく高いうちに契約をしたほうがお得だといえるのかもしれません。
売電は昼間発電した電気を、使用しなかった場合に電力会社に買い取ってもらうことで成立します。
昼間使用する電気が少なければ少ないほど、売電に多くの電気を回せるという計算になります。
共働きなどで、昼間は家の中にだれもいない、といった場合には、多くの売電収入を期待することも可能となりそうです。
また、昼間も一定の電力を使用するようなご家庭でも、節電を意識することで、家の中で使う電気使用量を抑え、売電収入を増やすことにもつながります。
さて、気になる売電価格の流れについてですが、過去最高となっているのが、平成21年度、平成22年度の48円となっています。
平成24年度の42円という数値は、それに次ぐ高価格となります。
しかし、導入価格が下がってきていることなども考慮され、今後は下がっていくことが予想されています。
来年度の売電価格が、どのような値段になるのかはまだわかりませんが、現在よりも上がるということはあり得ません。
売電収入をできるだけ高くしたいという方には、やはり早めの決断がおすすめと言えそうです。