だんじりの町・岸和田市での太陽光発電

岸和田市は、最近テレビドラマの舞台として取り上げられたことや、だんじり祭りで有名なこともあって、その名前も全国区に知れ渡っているのではないかと思います。
その岸和田市、大阪府の中にあっては太陽光発電システムの導入に助成金を出している、数少ない地方自治体の一つと言っていいと思います。
大阪は、比較的太陽光発電システム導入への助成が薄く、国による助成金制度しか利用できない市区町村が多いのですが、岸和田市では独自に助成金を出していますので国による助成に加え、ダブルで補助してもらうことができます。null
大阪の中でもこうした太陽光発電の助成の取り組みにばらつきがあるのは、各自治体の財政事情によるところが大きいのだと思いますが、岸和田市は祭りでにぎわうせいもあるのか、太陽光発電の導入には積極的です。
これは岸和田市のイメージをアップさせることにもつながると思われますが、何よりも岸和田市で暮らす人たちの意識を変えさせ、太陽光発電を積極的に採りいれていかなくてはならないという気持ちにさせる制度だと思います。
次世代エネルギーの確保に真剣に取り組むとともに、その結果、温室効果ガス排出削減にも役立てようという岸和田市の姿勢は、近隣の施政によい影響を及ぼしていってくれると思います。
祭りの町ならではの熱い気持ちは、太陽光発電の導入により新しいエネルギーを生み出す力と志を、周辺の地域にもどんどん広げていってもらいたいと思います。