太陽光発電ってお得なの?

様々なニュースでも取り上げられる太陽光発電について気になっているという方も多いのではないでしょうか。
太陽光発電は、環境によいシステムですが、高価なことでも知られています。
でも、近年、太陽光発電システムの一般家庭への導入は急激に進んでいます。
太陽光発電は、どうして、そしてどのようにお得なのでしょうか。
簡単にまとめてみるので、太陽光発電導入を検討している方に参考にしていただければ、と思います。
今、太陽光発電システムを導入するのがお得だといわれている理由の一つが、国や地方自治体から補助金が設定されていることです。
システム自体が高価なため、その導入を後押しするために設定されているもので、規模によって補助金の額は異なっています。
国からの補助金は、10万円程度のお金をもらえますし、そのほかお住まいの地域によっては県や市町村からの補助金も合わせて申請できる場合もあります。
こういった補助金は、「いつまでもずっともらえる」というものではありません。
現在の補助金額が来年度以降も維持される保証はありませんし、そもそも自治体の中には補助金制度自体を見直しているところもあります。
また、現状では補助金制度が利用できても、「予算消化次第終了」という条件を掲げている自治体も少なくありません。
「いつか導入を」と考えているならば「今導入して、補助金をもらう」のがお得といえるかもしれませんね。
そして、もうひとつ「太陽光発電がお得」と言われる理由のひとつが、「再生エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしたことになります。
設置初年度の買取価格で10年間買い取ってくれるという制度で、平成25年3月末までの価格だと1kWh当たり42円という買い取り価格になっています。
この価格は従来の2倍程度となっており、これにより初期費用を回収できるまでの期間も短く済むようになっています。
こうした点から「太陽光発電はお得だ」と言われています。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>