自作の太陽光発電

太陽光発電と言えば、どこかの業者からシステムを購入し、高いお金を払って自宅に取り付けてもらうというイメージの強いものです。
環境への効果や経済効果についてはよくわかっているものの、一般家庭へシステムを導入する際の初期費用は平均で200万円程度かかってしまうというのは、やはり「まだまだ敷居が高いもの」という認識を持っている方も多いのでは、と思います。
そんな太陽光発電ですが「自作」という方法もあります。
「設置できるスペースがない」「賃貸マンション暮らしなので、導入が難しい」などの場合にも、小型のシステムを日曜大工感覚で作ってしまうというのも可能です。
理論上は、太陽光電池パネルやバッテリーなどを用意し、ケーブルでつないでいけば完成できます。
災害時の最低限の電源確保ができることなどから、注目されているシステムです。
が、自作で太陽光発電システムを設置する場合には、デメリットもあります。
一つは、やはり最低限の知識が必要とされることです。
また、自宅の屋根などに自分で設置しようとするのは危険が伴います。
そして、電気工事士の資格を持っていない方は、自宅の住宅用電気系統をいじる工事ができません。
せっかく太陽光発電システムを自作したとしても、それを自宅のコンセントから同じように利用するのは難しいということですね。
当然のことながら、売電することもできません。
こうしたデメリットを踏まえても、「災害時にも最低限の電源確保ができる」ことや、「自宅での電気を太陽光発電からできるだけまかなうことで、電気購入量を減らす」などのメリットもあります。
自分の使い方を考えてみて、「自作でも十分なのでは」と思うときには、検討してみてもいいでしょう。
が、今は太陽光発電システムも低価格化が進んでいますし、まだまだ補助金も手厚くなっています。
もし、自作太陽光発電システムの導入を検討している理由が「コスト」だけならば、今はしっかりとした業者を選び、普通に取り付けてもらうという線t櫛を選ぶのも賢い方法だと感じます。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>